花の日こどもの日礼拝

およそ150年ほど前のお話です。1856年、アメリカのマサチューセッツ州チュルシイ市にある教会のレオナルド牧師の提案が起源であったそうです。特に6月のある日曜日を定めて少年少女のために特別のプログラムを作り、子ども中心の集会を行ったのがはじまりです。

1866年には、アメリカのメソジスト教会が年会において6月第2日曜日を「子どもの日」を設け、この日は少年少女たちの健やかな成長を願い、同時に、一年中で最も多くの花の咲く季節であることから、信者は各々花を持ち寄って教会堂を飾り、礼拝後、その花を子どもたちに持たせて病院を訪問させ、病人を見舞い、また警察(派出所)や各社会施設を慰問しました。

この行いは、子どもたちに奉仕と感謝を実地に学ばせるためのものでもありました。このように最初は、子どものために計画されたものが、花の日と呼ばれるようになったのです。それため、花の日は同時に子供の日として日本の教会において礼拝が守られ、定められた教会の暦となって定着していきました。

めぐみ幼稚園もこのことに倣い、花の日子どもの日礼拝を行い、老人ホームのおじいさんおばあさんにお花を届け、お歌のプレゼントをしました。

お花をどうぞ!

お花をどうぞ!

 

 

 

 

 

 

 

お歌のプレゼント「ふるさと」

お歌のプレゼント「ふるさと」

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中